あしたのビジネス研究所

「あしたのビジネス研究所」はさまざまな企業や社長、商品・サービスを紹介するメディア。就職・転職活動の企業研究、商品・サービスの口コミ評判収集などにお役立てください。元新聞記者・元マーケターという経歴の筆者の視点から、役立つ情報をお届けします。

平石クリニックでNIPTを受検!検査精度は?平石貴久医師の経歴も

f:id:business-institute:20210823155526j:plain

 

はじめに

生まれてくる子どもの健康を願うのは親ならば当然のこと。35歳以上の妊婦さんは、通常の出生前診断として羊水検査や絨毛検査などを案内されますが、実際には何歳の妊婦さんであっても不安を抱えているものです。

また、羊水検査では1/300で、絨毛検査では1/100の確立で流産のリスクが存在するのをご存じですか?高額で年齢制限もあり、ましてや大きなリスクも。出生前診断がなかなか普及されないのも頷けますよね。

日本では2013年より新型出生前診断、通称NIPTが誕生しました。年々多くの妊婦さんが受検しており、ダウン症やその他の染色体異常を発見しています。

産むか・産まないかは妊婦さんやご家族次第ですが、事前に異常が分かることで心構えができるのではないでしょうか。

そんな新型出生前診断NIPTを受検できる平石クリニック(院長 平石貴久)について調査してきました。

気になるNIPTについても一緒に見ていきましょう。

平石クリニックとは

f:id:business-institute:20210823175334j:plain

平石クリニックは、平石貴久氏が院長を務めています。東京都麻布十番にあり、2017年(平成29年)11月に開院となりました。

平石クリニックにて提供しているのは新型出生前診断NIPT。妊婦さんから採血し、10mlの血液から検査を行う、最もリスクの低い出生前診断として知られています。

平石クリニックの院長 平石貴久

平石貴久 経歴

1950年鹿児島県生まれの平石貴久氏。

東京慈恵会医科大学卒業し、内科、消化器科、循環器科、スポーツ医学を専門としています。医療法人社団貴生会の理事長も務めました。

医師免許取得は、1977年12月です。スポーツ医学には特に力を入れており、日本を代表するようなスポーツ選手(清原和博/荒川静香/室伏広治/丸山茂樹など)や、有名アーティスト(TUBE/Globe/GLAY)のコンサートドクター、中村勘三郎一座のチームドクターの経験もあります。

現在は、平石クリニックにて新型出生前診断NIPTを日本全国に普及させようと、メディア出演等、精力的に活動しています。

平石貴久 著書

f:id:business-institute:20210823194740j:plain

  • 食べて、肉体改造/2000.11.1/講談社
  • サプリメントで40歳からの肉体増強/2001.11.01/講談社
  • 勝つためのDr.平石のスポーツ栄養BOOK カラダをつくる食事と栄養がわかる!!/2003.12.1/新星出版社
  • よりぬき 医者以前の健康の常識/2010.1.20/講談社
  • 知られざる国民病「ロコモ症候群」/2010.4.1/小学館
  • 勝つためのレシピ/2001.11.1/光文社
  • 医者いらずの脱「腰痛」術/2008.11.1/学研プラス
  • 筋トレ以前のからだの常識/2008.3.28/講談社
  • 医者以前の健康の常識/2006.3.16/講談社
  • ビジュアル版 筋トレ以前のからだの常識 今日から使えるシリーズ(実用)/2010.6.30/講談社
  • 医者以前の健康の常識2/2007.1.31/講談社
  • スポーツ栄養バイブル/2001.11.1/池田書店(殖田友子と共著)
  • アスリートのための血液成分別肉体改造処方箋 スポーツに合った血液をデザインする/2004.11.1/ベースボールマガジン社
  • 腸内環境を変えるだけで驚くほど健康になる/2005.7.8/サンマーク出版

など

平石クリニックのNIPTの検査

f:id:business-institute:20210823203049j:plain

平石クリニックのNIPTでは、妊娠9週目以前の「早期NIPT検査」を行っています。本来ならば10週目からの検査となるため、検査が2度受けられることになります。

メリットとしては、1度の費用で2回検査できるのはもちろん、異常の早期発見に繋がり、2度行うことで検査結果を確実なものとします。

検査精度

NIPTの検査精度は高く、リスクも最小限であるという点が魅力です。

特に、検査に使用している「VeriSeq NIPT Solution V2」は陽性的中率が最も高いと言われています。

  • トリソミー13:陽性的中率92.8%
  • トリソミー18:陽性的中率95.3%
  • トリソミー21:陽性的中率98.4%

一方、微小欠失症候群はVeriSeq NIPT Solution V2の解析アルゴリズムでは検出できないのでアメリカでの検査となっています。

認定遺伝カウンセラー在籍

平石クリニックには、認定遺伝カウンセラーが在籍しています。万が一、陽性だった場合の妊婦さん、ご家族のケアや、専門家としてのアドバイスなどを行います。

まとめ

平石クリニックを始め、院長の平石貴久氏は日本でのNIPT普及を目指しています。

リスクが大きかった従来の出生前診断と比べ、新型は最新技術を駆使しており、検査精度も安全度も保証できるものです。

年々認知度も上がってきているため、今後ますます平石クリニックの利用者も増えるのではないでしょうか。

平石クリニック 概要

f:id:business-institute:20210823155503p:plain

名称:NIPT平石クリニック

医師:平石貴久

所在地:〒106-0045東京都麻布十番

1-9-7麻布ビル7F

診療時間:午前10:00~午後17:00

大切な命と安心な出産のために新型出生前診断|NIPT(新型出生前診断)の平石クリニック