あしたのビジネス研究所

「あしたのビジネス研究所」はさまざまな企業や社長、商品・サービスを紹介するメディア。就職・転職活動の企業研究、商品・サービスの口コミ評判収集などにお役立てください。元新聞記者・元マーケターという経歴の筆者の視点から、役立つ情報をお届けします。なお掲載されているコンテンツはアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただき、制作されたものです。

DreamFinance(ドリームファイナンス)ってどんな仮想通貨?上場先や口コミ・評判を解説します。

電子データのみでやりとりされ、主にインターネット上の取引に用いられる仮想通貨。ビットコインなど広く知られている商品だけでなく、その種類は年々増加し、世界各国で多くの仮想通貨が取引されています。今回はその中でも、限られたコミュニティのみで手にすることができる仮想通貨「DreamFinance(ドリームファイナンス)」について調べてみました。

 

あしたのビジネス研究所はアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただき、制作されたコンテンツを掲載しています。 

DreamFinance(ドリームファイナンス)ってそもそも何?

DreamFinance(ドリームファイナンス)が一体どのようなものなのか、その概要について見てみます。

DreamFinance(ドリームファイナンス)の概要について解説

<DreamFinance(ドリームファイナンス)は、DeFi(ディーファイ)サービスのひとつ>

DeFi(ディーファイ)とは、Decentralized Financeの頭文字を取って略したもので、一般に”分散金融/分散型金融”などと訳されます。いわゆるDeFiに属するサービスは、銀行や証券会社のような役割を果たす個々のプロトコル(コントラクト)群によって構成されます。これまでインターネット上で提供されていた金融サービスと比較して、集権的な管理者が存在せずアクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰にでも提供されることから、分散金融(Decentralized Finance)、あるいはOpen Finance (Op-Fi)などと呼ばれています。

<DiFiとDreamFinance(ドリームファイナンス)の運用方法>
DeFi」とは仮想通貨技術を絡めた金融サービスであり、DeFiサービスに資金を預けて金利を受け取ることや、仮想通貨の貸し借りを行うことができます。

DreamFinance(ドリームファイナンス)に資金を預け入れると、DFという仮想通貨を金利として受け取ることができるようになります。

DreamFinanceの運営会社について解説

<運営会社はDREAM FINANCE TEAM>


香港の湾仔という地区の「Queeus Road East」にあるDREAM FINANCE TEAMが運営会社だそうです。

DreamFinance(ドリームファイナンス)は大手取引所で購入できる?

DreamFinance(ドリームファイナンス)は、仮装通貨取引所においてまだ上場してません。

取引所上場について解説

現時点ではどの取引所にも上場していないサービスの為、これから先、上場が発表されると価格が上昇する可能性があります。今後の動向が気になりますね。

海外の大手仮想通貨取引所について解説

仮想通貨の取引所は複数存在していますが、中でも有名な海外の取引所をいくつかご紹介したいと思います。

・BINANCE(バイナンス)

BINANCEは、2017年に香港)で設立された海外仮想通貨取引所です。
BINANCEは取り扱い通貨数の多さや取引手数料の安さ、サービスの豊富さなどを兼ね備えています。
また、BINANCEは日本語にも対応しているので、英語が読めなくて扱いづらいという不安もありません。

 

・Bybit(バイビット)

Bybitは、2018年にシンガポールで設立された海外仮想通貨取引所です。
取引手数料の安さやレバレッジの高さ、セキュリティ面の強固さなど、ユーザーが欲しい機能を網羅。
最大レバレッジは100倍で、万が一のときのためのゼロカットシステムも完備しています。

・BITTREX (ビットトレックス) 

BITTREXは、2014年から現在の2022年の8年間にわたって取引所を運営しており、非常に歴史のある仮想通貨取引所。コールドウォレットや出金制限、三段階認証とセキュリティレベルも高いので、多くのユーザーから信頼性があります。また取り扱い通貨数が多いのも特徴です。

DreamFinance(ドリームファイナンス)はどうやって手に入れるの?

取引所にまだ上場していないDreamFinance(ドリームファイナンス)はどのように入手することができるのか、方法について調べました。

DreamFinanceの購入方法について解説

前述で紹介した取引所のひとつ、BINANCE(バイナンス)経由で購入することが可能です。BINANCE(バイナンス)のサイトに記載のステップ・バイ・ステップガイドに従い、手続きをします。Binance Accountを使用して仮想通貨ウォレットを分散型取引所 (DEX) に接続し、ベース通貨を購入してDreamを購入する方法を紹介だそうです。さらに詳しい手順は以下で紹介されています。

 

DreamFinance(ドリームファイナンス)以外の仮想通貨ってどんなコインがある?

DreamFinance(ドリームファイナンス)以外の仮装通貨では、どのようなものが人気なのでしょうか。時価総額ランキングなども参考にしてみました。

時価総額について解説

仮想通貨において重要な指標となるのが時価総額です。仮想通貨それぞれの時価総額を見れば、おおよその市場規模や価値などを比較することができます。

 

時価総額ランキングトップ5(2022年7月時点)


1位 ビットコイン
2位 イーサリアム
3位 テザー
4位 USD
5位 BNB

 

ビットコインは世界で初めて作られた仮想通貨で、数ある仮想通貨の中でも圧倒的な知名度と規模を誇ります。そのため、時価総額は堂々の1位となっています。ビットコインは今後の将来性においても非常に優秀だと言われており、実際に2021年9月、アメリカのエルサルバドル法定通貨として認定されています。ビットコインは現在「世の中のすべての仮想通貨の基軸」であり、中心的な存在となっています。DreamFinance(ドリームファイナンス)の口コミ・評判はネットに出ている?

DreamFinance(ドリームファイナンス)の口コミ・評判はネットに出ている?

インターネット上での口コミ・評判について解説

SNSやネット上で検索してみましたが情報が少なく、まだ十分な口コミが集まっていません。公式Twitterアカウントが2022年2月に出来たばかりなので、話題になるのはもう少し先となりそうです。口コミや評判は徐々に増えてくると思いますので、引き続き注目していきたいと思います。

まとめ

今回は、仮想通貨「DreamFinance(ドリームファイナンス)」について調査しました。現時点では取引所に上場していないため、まだ広く知られていない仮想通貨ですが、今後上場した際にはその価値の上昇が期待できます。今後もその動向を追って見ていきたいと思います。

 

本特集記事はPRです。